• FAX注文用紙
  • フォームから注文
トップ > モリガキ日報 > お弁当の歴史

モリガキ日報

お弁当の歴史

戦国時代にも現在のお弁当の原型があり、
兵糧として干し飯や梅干しなどが重宝されていました。

戦国武将が縄として用いた芋がらは、
煮炊きをすれば食料としても使えるものでした。

干し飯は戦国時代の軍隊の移動の時や旅人には欠かせないもので、
現代におけるインスタント食品のようなものでした。

干し飯は水で戻すだけでも食べられますから、
戦場で燃料がないときにも重宝しました。

軽くて持ち運びがしやすく、腹持ちがよいことも好まれた理由です。

弁当箱という容器が生まれたのは安土桃山時代のことですが、
江戸時代になると庶民の間でも愛用されるようになりました。

幕の内弁当は、江戸時代の中頃に広まったものです。

歌舞伎などの芝居見物の際に食べたことが、名前の由来とされています。

幕の内弁当の最大の特徴は、
ご飯が食べやすい大きさで仕切られていることにあります。

芝居の途中の幕間の時間を利用して食べるために、
箸で取りやすいように工夫がされているわけです。

更新日:2015年07月22日

▲ページの先頭へ戻る

デリカショップ モリガキ

〒567-0829 大阪府茨木市双葉町14-8

0120-964-634 TEL/FAX 072-634-3272
営業時間
10時〜20時(月曜〜土曜日)日曜定休
配達時間
11時〜14時(受付13時まで)17時〜20時(受付19時まで)
  • FAX注文用紙
  • フォームから注文

【竹橋店】

住所
〒567-0815
茨木市竹橋町6-13
電話番号
072-621-8550
営業時間
10〜14時 | 16〜21時|
配達なし